teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ADRES AD-4 故障について

 投稿者:Kantama.com  投稿日:2017年 2月21日(火)22時32分28秒
返信・引用
  > No.103[元記事へ]

kenkenさんへ

> 再生は出来るのですが、録音した場合にR-chがNGなんですが、

NGとは具体的どのような状態でしょうか?

ちょっと乱暴な検証方法ですが、adres ICを差し替えて現象の起きる
チャンネルが変わればICに問題が、変わらなければ録音回路系の部品の
劣化と判断できます。

オークションで割と安く出回っているユニットを入手して2個イチにする
のもありですけどね。
 
 

ADRES AD-4 故障について

 投稿者:kenken  投稿日:2017年 2月20日(月)15時49分35秒
返信・引用
  時々拝見させて頂いています。
再生は出来るのですが、録音した場合にR-chがNGなんですが、ハンダクラックも無くやはりADRES ICの故障でしょうか?確か過大入力をしたおぼえがあります。
さすがに35年も使用しているとしょうがないでしょうか。
 

Re: カセットのadres基準レベル

 投稿者:瑞鶴  投稿日:2017年 2月19日(日)11時39分10秒
返信・引用
  yoshidano2001 様

> 本来なら 200/160=2dB のはずが 3dB にしないとレベルが合わないところがややこしいですね。

 対数を習った頃、私もこの疑問を持ちました。某メーカーに問い合わせたところ、磁束密度の測定法の違いということでした。メーターで表示されるのは残留磁束密度ですが、DOLBYの基準レベルは表面磁束密度で規定されているのだそうで、その差が1dBということです。計算すれば誰でももちそうな疑問ですが、オーディオ関連の雑誌や書籍でこれについて触れたものは見たことありませんね。

 ちなみにadres搭載機およびユニットのメーターはEIAJ準拠で、adres基準レベルを示すADマークが-3dBの位置にあり、DOLBYマークは+3dBにあります。
 

Re: カセットのadres基準レベル

 投稿者:yoshidano2001  投稿日:2017年 2月 4日(土)17時43分22秒
返信・引用
  Kantama様
早速のご連絡ありがとうございます。
EIAJの0VUを0dBということは160nWb/mですね。
本来なら 200/160=2dB のはずが 3dB にしないとレベルが合わないところがややこしいですね。
デッキを入手、うまく修理ができればまたこの掲示板でご報告いたします。
ありがとうございました。
 

Re: カセットのadres基準レベル

 投稿者:Kantama.com  投稿日:2017年 2月 4日(土)16時11分58秒
返信・引用
  yoshidano2001さんへ

オーレックスのメーターはEIAJの0VUを0dBにしていますので、ドルビー基準テープを再生すると3dBに振れますね。
使用周波数については、全ての機種で共通かどうか確かめようがないのですが、PC-G6ARでは400Hzでメーターレベル表示を調整していますので、おそらく問題ないでしょう。

あの時代はメーカーによって基準値が違う(確か4種類)ので、換算がややこしい時があったことを今更思い出しました。
 

カセットのadres基準レベル

 投稿者:yoshidano2001  投稿日:2017年 2月 4日(土)12時16分10秒
返信・引用
  昔のカセットデッキを入手し、修理を楽しんでいるものです。
adresのカセットデッキを買ってみたいと思っています。
LPなどの基準レベルはソノシート等で得られますがカセットの基準レベルはDOLBYの
200nWb/m @ 400Hzと同じと考えてよいでしょうか。
DOLBY基準レベルテープは持っているので、それを再生し、0VU -3dBに再生レベル、VU計を
調整し、録再でも同じレベルが得られるように録音レベル調整をしようと思っています。
資料がありましたら、よろしくお願いいたします。
 

Re: 御礼

 投稿者:Kantama.com  投稿日:2017年 1月15日(日)22時08分26秒
返信・引用
  通りすがりさんへ

楽しんでいただけたようで幸いです。
アナログカセット特有のノイズを知らない人が増えて、おそらくノイズリダクションの存在自体も忘れ去られていくのだと思います。
かつてメーカーが技術競争した歴史を残すのが目的ですので、今後も細々とやっていきたいと考えています。
 

御礼

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 1月15日(日)15時14分51秒
返信・引用
  はじめまして・こんにちは。
デジマートで機材をいろいろ眺めていたら
DBX ノイズリダクションという中古の品が出ていたので何をするものか検索していたら
こちらまでたどり着きました。
昨今の商業的なインターネット記事と違い、詳しく突き詰められた内容で、また、知らない世界が新鮮で、
当初の目的から外れてしまいましたが楽しく読み進めさせていただきました!ではでは。
 

謹賀新年

 投稿者:Kantama.com  投稿日:2017年 1月10日(火)01時20分47秒
返信・引用
  遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

長らくサイトの更新が止まっていましたが、やっと取扱説明書を公開しました。
adresユニット・Super D・High-Com IIの5種類です。
アーカイブコーナーからご覧下さい。

新しいネタの少ない世界ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
 

謹賀新年

 投稿者:k-nisi  投稿日:2017年 1月 2日(月)21時49分31秒
返信・引用
  「オーディオ懐古録」からまいりましたk-nisiです。最近は書き込みはできておりませんが
時々訪れさせていただいておりました。旧年中はSACDソフトやアナログディスクなど,従来
のCDに加えて楽しんできました。音楽データがデジタル化され,小型の機器でも楽しめる今だ
からこそ,逆にパッケージメディアの楽しさもあると思うこの頃です。今年もマイペースでオー
ディオを楽しんでまいります。本年もよろしくお願いします。

http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/

 

レンタル掲示板
/11