teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: これって・・・

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 9月 6日(木)16時32分9秒
返信・引用
  > No.1694[元記事へ]

> こみけさん

> ただ、『60年に1回級の大規模台風』というところにはちょいと疑念を感じます。最近の地球温暖化(かどうかは断定はできないですが)による台風の大型化も考慮した上での60年に1回の規模なのですかねぇ。
>  そこらへんが考慮されていないと、債券の買い手がちょっぴり不利になるかもしれません。まあ、買い手もそのくらいは知っての上で買うべきではありましょうが。

詳しい条件はどうなっているのでしょうか?
『60年に1回級の大規模台風』の具体的な数値化された定義が分かりません。
当然買い手は自己責任でRisk判断をして買っている筈です。
もっとも私はこんな債券を買う気はしませんが・・・。
 
 

Re:これって・・・

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 9月 6日(木)14時48分16秒
返信・引用
  >トクサン さん
 この債券、事実上は「来年巨大台風が来るか否か」で元本と金利払いが変化する代物といえそうですねぇ。満期が09年5月だそうですから、事実上08年の台風シーズンのみが問題となりそうであります。
 災害リスクの分散というか転嫁という観点では、ある意味保険契約を証券化したようなものと言えるかもしれません。まあ、売り手と買い手が納得するのならばいいことなのではないかと。

 ただ、『60年に1回級の大規模台風』というところにはちょいと疑念を感じます。最近の地球温暖化(かどうかは断定はできないですが)による台風の大型化も考慮した上での60年に1回の規模なのですかねぇ。
 そこらへんが考慮されていないと、債券の買い手がちょっぴり不利になるかもしれません。まあ、買い手もそのくらいは知っての上で買うべきではありましょうが。
 

これって・・・

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 9月 5日(水)18時01分38秒
返信・引用
  どうなんでしょうね。
何でも商品化するのですね。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070905AT2D1400Q05092007.html

http://www.hokenweb.co.jp/jouhou-so1kyo.htm
 

Re:机上のお遊び

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 8月 6日(月)23時13分58秒
返信・引用
  >田中有馬奈菜じゃなくて菜々 さん
 空売りは恐ろしいですねぇ。自分は逆日歩でそこまで苦しめられたことはありませんが、某MSCB銘柄の空売りで担がれてかなり痛い目にあったことがあります。みんなが下方修正を期待していたところに普通の決算を出してきたのが原因だったと思うのですが、あのときは大変でした。

 そうそう、おそらく今後はないとは思いますが、確か、数年前に日債銀が国有化されたときはいきなり株券が整理ポストに行くこともないまま紙切れ化されたように記憶しております。
 あのとき、買い方は投資額がパーになったはずですが、売り方はどうなったのでしょうねぇ。買い戻しもできなかったでしょうし、現渡しも難しいように思うのですが。
 

0円では

 投稿者:田中有馬奈菜じゃなくて菜々  投稿日:2007年 8月 4日(土)21時59分27秒
返信・引用
  0円では買い戻すとはいいませんね。せめて1円で・・・。  

机上のお遊び

 投稿者:田中有馬奈菜じゃなくて菜々  投稿日:2007年 8月 4日(土)21時56分39秒
返信・引用
  7709を7月12日に終値46,000円で空売りしてずぅ~っとホールドしてると、
逆日歩累計48,600円。株価0円で買い戻せても、赤字確定です。
 

Re: グッドウイルグループ

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月31日(火)01時34分50秒
返信・引用
  >yuragiさん、トクサンさん
 ドイツ銀行の件、一つの可能性としては、5%ルールにでている取引は全体の一部で、それ以外に共同保有者として提出する義務のないファンド?等を介して売買を行っている可能性があるのではないかと見ております。そこら辺が(本当に行われているのかどうかも含めて)見えないので、ドイツ側の意図が把握しづらいのだと考えております。

 今回の案件(グッドウィル)は、最近では比較的大口の案件といっても良さそうですので、それなりに手の込んだやり方を用いても採算が合ってしまうような気がしているのであります。
 

Re: グッドウイルグループ

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 7月29日(日)17時28分37秒
返信・引用
  > No.1678[元記事へ]

こみけさん、Yuragiさんへのお返事です。

>  ご指摘の大量保有報告書をみましたが、正直、よくわかりませんねぇ。
>  グループ間かどうかはわかりませんが、6月8日など、その日の出来高を上回る取引を市場内でやったことになっていたりしますから、どうもこの報告書だけを鵜呑みにして考えるのはまずいような気がするのであります。なんか見えない部分があるような気がするのですよねぇ。

そうですか・・・。
ベテランのこみけさん、Yuragiさんでも分かりませんか。
私にもさっぱり意図が分かりませn。

ドイツ銀行が無策に討ち死にするとは思えません。
意図を隠すための目晦まし…そんなまわりくどいこと遣りますかねぇ?
見えない部分っていったい何でしょうね?
 

Re: グッドウイルグループ

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月29日(日)16時54分24秒
返信・引用
  > No.1678[元記事へ]

こみけさんへのお返事です。

>  ご指摘の大量保有報告書をみましたが、正直、よくわかりませんねぇ。

同じく、10分くらい眺めてみましたがサッパリ、何がしたいのやらわかりません。相当量の利益確定売りらしきものもあれば、損きりらしきものもあり。転換価額のはるか上の価格帯でドンパチやってることは間違いないようですが。
一度、エクセルにでも入れて分析してみたくなりますね。
 

Re:自社株買い

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月28日(土)13時23分31秒
返信・引用
  >GM さん
 この水準で買付を行おうとしていると言うことは、公募の8分の1くらいの現状でもVCは少なくとも損はしないと言うことなのでしょうねぇ。今後、他の銘柄でも起きるかも知れません。
 一方で、現在のメンバーズ株の流動性を見る限り市場内で買付を行おうとすると株価に影響を与える可能性大ですので、市場外取引という形なのはやむを得ないようにも思えます。

 公募で買ってしまった人は腹立たしいでしょうが、まあ、授業料でしょうねぇ。
 

自社株買い

 投稿者:GM  投稿日:2007年 7月27日(金)23時49分4秒
返信・引用
  メンバーズが自社株買いを行います。
http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/home/oracle/90/2007/371a0cf/371a0cf0.pdf

翌日のIRでは市場で買い上げる気は全くないようです。
去年の11月に公募29万の株を今回、35,200円で買い戻し。
売るに売れないベンチャーキャピタルの為に自社株買いをする様ですね。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/home/oracle/90/2007/371b167/371b1670.pdf

これから先も色々ありそうです。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月26日(木)23時44分53秒
返信・引用
  >yuragi さん
 今確認してみましたが、確かに法律で「有利発行」というのは定められていないようですね。申し訳ないです。
 ただ、今回の記事は上場企業のファイナンスという、正確さ、もしくは慎重さが求められる分野の記事ですので、その辺の用語の使い方は小規模なメディアであってもしっかりして欲しいところであります。

 それと、市場価格からのディスカウント率については、以前日証協が「10%以内なら有利発行ではない」といった趣旨の見解を発表したことがあるそうです。現在、多くの(有利発行でない)ファイナンスのディスカウント率が10%なのはこの見解に基づいているようであります。
 また、CB転換請求から、株券が届くまでのタイムラグが約5営業日程度あると聞いたことがありますので、CBについては、払込から転換株の処分まで、1週間はかかるようであります。
 

Re:グッドウイルグループ

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月26日(木)23時23分32秒
返信・引用
  >トクサン さん
 ご指摘の大量保有報告書をみましたが、正直、よくわかりませんねぇ。
 グループ間かどうかはわかりませんが、6月8日など、その日の出来高を上回る取引を市場内でやったことになっていたりしますから、どうもこの報告書だけを鵜呑みにして考えるのはまずいような気がするのであります。なんか見えない部分があるような気がするのです世ねぇ。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月25日(水)22時54分15秒
返信・引用
  > No.1673[元記事へ]

>こみけさん

>  法律で定められた「有利発行」とは明確に区別されるべきであると考えております。

んん~、シビアですね。記憶が出しければ、法律で「有利発行」は明確に定められていないので(とくに有利な価格で新株を発行してはダメよ、程度の定めしかなく、有利発行かどうかは裁判による判断)個別のメディアにどこまで正確さを求めるかにもよるでしょうけど、そこまで厳密に求めるのは実態として難しいのでは。たとえば日経新聞がポカをすれば許され難いでしょうけど。(つい先日もETFに関する記事で記者の不理解によるポカがあったようですね)とはいえ、どんなメディアであろうとも正確を期すための努めは必要ですが。
ちなみに、引き受け手は払込から売買できるようになるまで1週間程度かかるので(今は電子化が進んで、もっと早いかも)、その間の株価下落のリスクヘッジを含めて10数%程度のディスカウントは許容範囲だが、30%、50%は論外、とも聞きます。
 

グッドウイルグループ

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 7月25日(水)18時00分45秒
返信・引用
  ドイツ銀行(EDINETコード=T0483B)から報告書が出ました。
取引履歴を見てこみけさんはどう思われますか?
 

Re:転換価額修正条項

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月22日(日)21時37分19秒
返信・引用
  >田中有馬菜奈じゃなくて菜々 さん
 最近ですと、MSCB規制によってむしろ転換価額修正条項がついていないファイナンスの方が多くなっているように感じております。先日大証が注意喚起を行ったアライヴコミュニティ(1400)も有利発行ではあるが、行使価額修正条項はない新株予約権ですし、今回のYOZANのCBについても転換価額修正条項は定められておりません。
 むしろ、転換価額修正条項がついていない方が厄介なように見えてくる今日この頃であります。

 一方、まっとうな?企業におけるファイナンスでありますが、おそらくは、日証協のMSCB規制で機関投資家的にも「仕方ないか」くらいの代物になったのではないですかねぇ。
 こう、規制発動後にMSCB等を発行した銘柄を眺めてみますと、「そのくらいの金額のCBや増資は引き受けたくない」と感じられる銘柄が多いように感じるのであります。今回の乾汽船も、30億を公募で調達しようとすると、かなりの需給悪化を引き起こすのではないかと感じております。
 

Re: プラネックス

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月22日(日)21時18分14秒
返信・引用
  >yuragiさん、トクサンさん
 私は小悪党ですのであえて別の観点から主張させていただきますが、買収するMJ社というのは、実は株主資本がかなり脆弱なのではないかと疑ってみたりします。
 MJ社の発行済株式数は増資前で普通株が3,310株、無議決権株が7,990株となっておりますが、このうち無議決権株というのは普通株転換ができないそうであります。となると、この無議決権株、どこかで償還(返済)しなければならないのではないかな~とか疑ってしまう次第であります。まあ、返済義務はない(利払いだけの)種類株の可能性もないとは言えませんが。
 ちょうど、優先株で債務超過を解消して上場したGABA(2133)のようなケースではないかな~と思ってしまうのであります。実際はどうなのかはわかりませんがねぇ。

 まあ、こんなこと↓を指摘されたせいで、
http://www.mj-net.jp/news/infomation_070530.pdf
こんな状態↓になっているようですが、
http://www.mj-net.jp/companyinfo/ir.html
今後どうやって巻き返していくか生暖かく見守っていきたいところであります。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月22日(日)20時41分25秒
返信・引用
  >yuragi さん
 MSCBが引き受け手に有利、あるいは既存株主に不利な代物であるのは間違いないところでありますが、それと法律で定められた「有利発行」とは明確に区別されるべきであると考えております。
 この記事の場合、既存株主に不利益であることを言えば十分であると思いますので、わざわざ「有利発行」とだけ記述する必要は全くないと考えております。

 おっしゃるとおり、最近、また妙にファイナンスが多くなってきましたねぇ。個人的には、日証協のMSCB規制に対応する形で新型ファイナンスが台頭してきたからであると考えているのですが、ひょっとするとわけあり銘柄関係者のみなさんの資金需要が切実なものになっているのかも知れません。
 

転換価額修正条項

 投稿者:田中有馬菜奈じゃなくて菜々  投稿日:2007年 7月21日(土)21時11分9秒
返信・引用
  転換価額修正条項のないものは、現時点では絶滅危惧種なのでしょうか?
既存の株主よりも明らかに有利な値段での新株発行です。
引き受け手は証券会社が多いようですが、なぜ機関投資家は文句をいわないのでしょう?
個人投資家には現実的に発言権はないにしても。

注:転換価額修正条項なしでは引き受け手がいないような企業ではなく、まっとうな企業限定のお話です。
 

Re: グッドウイル・グループが・・・

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 7月21日(土)10時03分53秒
返信・引用
  > No.1665[元記事へ]

こみけさんへのお返事です。

> >トクサン さん
>  自分としては、ドイツは既に勝てるだけの十分な手を打っていると推測しています。
>  個人的には、ドイツはMSSO発表前後に相当数の空売りを行っており、後は予約権行使及び貸し株返還を行うだけの状態になっているのではないかと思うのですが、疑いすぎですかね。

同感です。
ドイツがむざむざ金をどぶに捨てるとは思えません。
しっかり回収する手立てを用意していると考えるのが自然ですね。
 

Re: プラネックス

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 7月21日(土)10時01分26秒
返信・引用
  > No.1669[元記事へ]

yuragiさんへのお返事です。

> プラネックスコミュニケーションズ(ネットワーク機器の開発・販売)が、外国為替証拠金取引のオンライン取引業者を子会社化すると発表して、株価が大きく上がりました。
> IRにはマネパまで引き合いに出して業績・企業価値の向上が期待されると訴えてます。
> シナジーが期待できるものかわかりにくいし、IRで他社の時価総額まで引き合いにしてアピールするのもいかがなものか、と。苦肉の策?なにか裏がある?
> YOZANがキティライツ社を子会社化したのに似てるなあ、と。

同感です。

株式新聞には「今後市場規模の拡大が予想される外国為替証拠金取引業への新規参入を好感した買いが先行」とありますが・・・。

この程度のネタで2日連続のストップ高とは笑わせてくれます。
まあすぐに”化けの皮”が剥がれるでしょう。
 

プラネックス

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月21日(土)03時24分56秒
返信・引用
  プラネックスコミュニケーションズ(ネットワーク機器の開発・販売)が、外国為替証拠金取引のオンライン取引業者を子会社化すると発表して、株価が大きく上がりました。
IRにはマネパまで引き合いに出して業績・企業価値の向上が期待されると訴えてます。
シナジーが期待できるものかわかりにくいし、IRで他社の時価総額まで引き合いにしてアピールするのもいかがなものか、と。苦肉の策?なにか裏がある?
YOZANがキティライツ社を子会社化したのに似てるなあ、と。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月21日(土)03時08分37秒
返信・引用
  > No.1667[元記事へ]

こみけさんへのお返事です。
>  ご紹介いただきましたリンクでありますが、申し訳ないのですが、自分としては2本とも信頼できない記事と見なしてしまいました。

いえいえ、とんでもないです。むしろ、このような記事リンクを貼って申し訳なかったです。自分も100%信頼しているわけではなにのですが、ただNET上にこういった内容が書かれていることは事実ですから、何らか匂わせる経緯があったんだろうな、くらいに思ってます。

>  YOZANは(株主総会で特別決議が必要な)有利発行は行ったことはないはずであります。ですので、少なくともこの点で記事は間違っていると考えております。

YOZANについて、そこまでは知りませんでした。ただ、記事が言わんとしてるのは、MSCB自体がそもそも有利発行である、と言ってるのかも知れませんね。以前から「MSCBは有利発行だ」と訴える学者、業界関係者もいますし。

>  んで、自分の中ではこの用語の使い方については、まっとうなマスコミ産業なら絶対に間違ってはいけないと考えておりますので

おそらくはフリーのジャーナリストなのでしょう。MSCBをMSBCと書いてる時点でアウト、ですよね。

>  まあ、証券会社の銘柄レポートと同じくらいの信頼性でしょうかねぇ。

「ZAITEN」はよく知りませんが(会社で配布されていたような記憶が・・?)、証券会社のレポートと同じ信頼性というのも言い得て妙ですね。

>  今現在のYOZANについては、以前のシントムなどと同様、「上場していることに価値がある」という面が大きいのでしょうねぇ。

”株券印刷&集金マシーン”と化していくのかも知れませんね。バックは海外マフィア?○暴?それとも政?そういえば、ここ最近ファイナンスネタが多いのは選挙があるから?まさかねえ・・。
※サイト移転先、ありがとうございました。なかなか見つけられずにいました。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月21日(土)00時25分55秒
返信・引用
  >yuragi さん
 ご紹介いただきましたリンクでありますが、申し訳ないのですが、自分としては2本とも信頼できない記事と見なしてしまいました。

 まず、上の方の記事でありますが、最後のところで、『YOZANは、過去にMSBC(下方修正条項付転換社債)などの有利発行を繰り返してきた。』とありますが、自分の知っている範囲では、YOZANは(株主総会で特別決議が必要な)有利発行は行ったことはないはずであります。ですので、少なくともこの点で記事は間違っていると考えております。
 んで、自分の中ではこの用語の使い方については、まっとうなマスコミ産業なら絶対に間違ってはいけないと考えておりますので、結果的に記事全体を疑わざるをえない状況であります。
 仮に『兜町関係者』なる人物が実在し、間違った使い方をしたのだとしても、記者がその誤りに気づいて修正しなければいけないと言うのが自分の主張であります。

 一方で、下のトランスデジタルの記事については、雑誌「ZAITEN」が情報源になっている点を問題視いたします。
 ZAITENにおいては、前身の「財界展望」の頃から、MSCBやMSSO(MSワラント)に関する記事で複数回にわたって明らかな誤りを発見しております。
 んで、その結果、「自分はZAITENのMSCBの記事に関する誤りについてはどうにか発見したが、実は他の分野の記事についても誤りがあって、自分は単に知識不足でそれを探知できていないだけではないか」という疑念が沸いてしまい、現在ではZAITENはあまり信用しないことにしております。まあ、証券会社の銘柄レポートと同じくらいの信頼性でしょうかねぇ。


 今現在のYOZANについては、以前のシントムなどと同様、「上場していることに価値がある」という面が大きいのでしょうねぇ。その価値を生かしたいと考えている人々(入れ替わっているかも知れません)が、退場させないようにがんばっているのかも知れません。
 でも、そう言う銘柄がちょっと多すぎのような気もしますねぇ。それとも、現在の数が必要十分なのか。

 あと、へたれぐまさんのサイトは移転したようであります↓。
http://nadesico.mokuren.ne.jp/
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月20日(金)01時59分19秒
返信・引用
  > No.1664[元記事へ]

こみけさんへのお返事です。

リードグループの仙波修氏、大和証券の出身で兜町では知られた存在だそうです。
なにより、累損350億、負債50億、営業CF-47億の企業の時価総額が43億円、しかも上場を維持していることがどうにも不思議でなりません。で、新たにCBって・・

http://outlaws.air-nifty.com/news/2007/03/post_c445.html (YOZAN)
http://outlaws.air-nifty.com/news/2007/01/post_2a5f.html (トラデジ)
なお、名前でぐぐると出てくる日本総研の仙波修氏とは別人ですので念のため。

※ヘタレグマさんのサイト、久々に覗こうとしたけど入れない。何でだろ。
 

Re: グッドウイル・グループが・・・

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月20日(金)00時39分40秒
返信・引用
  >トクサン さん
 自分としては、ドイツは既に勝てるだけの十分な手を打っていると推測しています。
 個人的には、ドイツはMSSO発表前後に相当数の空売りを行っており、後は予約権行使及び貸し株返還を行うだけの状態になっているのではないかと思うのですが、疑いすぎですかねぇ。
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月20日(金)00時36分20秒
返信・引用
  >yuragi さん
 住所の件、全く気づいていませんでした。ただ、第5回と第6回のCBで全く同じ住所が出てくると言うのは脇が甘いですねぇ。この辺、どんな意図があったのかは気になるところであります。
 一方で、YOZAN株の処分自体は当然の戦術といってもよいでしょうから、それほど気にはならないと言うのが個人的な印象であります。処分される株を受け止める方(市場)はたまったものじゃないでしょうがねぇ。
 

Re: グッドウイル・グループが・・・

 投稿者:トクサン  投稿日:2007年 7月19日(木)18時42分29秒
返信・引用
  株価は予想通り下げて今日の終値は2万7660円でした。
早ければ明日にも行使価額は下限の1円に到達します。
ドイツ銀行は今後どうするのでしょうか?
 

Re: YOZANのCB

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 7月19日(木)03時23分40秒
返信・引用
  > No.1661[元記事へ]

こみけさん、トクサンさん

CBの引き受け手であるElite社と同じ住所にリード社があります。
リード社はYOZAN株をここ数ヶ月の間にガンガンに処分してます。(EDINETより)
Y掲示板では Elite社の西浜大二郎=リード社の仙波修 との見解ですね。
リード社のHP http://www.reedfas.com/out.htm
※「神宮前2-5-8 カーデ青山3階」が2社共通
 

Re:YOZANのCB

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 7月18日(水)00時57分19秒
返信・引用
  >トクサン さん
 この手の銘柄のファイナンスの場合、会社側の思惑に加えて引き受け手の思惑も考える必要があります。普通の銘柄より高いリスクを引き受けるわけですから、何らかの勝算が引き受け手にはあるものと見なすべきであり、それを探る必要があると考えております。
 今回の事例については、自分は転換価額調整条項にそのネタがあるような気がするのですが、もっと別の目論見があるのかも知れません。
 

レンタル掲示板
/30