teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ボロ株フェチ

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 2月11日(日)05時29分7秒
返信・引用
   フェチとはFetishism のことです。
 女の裸そのものよりも、黒い靴下とか下着を見ることで異常に性的興奮するような、倒錯症をいいます。
 ボロ株マニアが発する臭いは、フェチに似ています。
 株式投資で得られる金儲けよりもボロ株投資に参加することに、価値を見出す偏執性を感じるのです。
 ですから、ヤフー掲示板を見ると「この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています」の先は一目瞭然がほとんどです。
 ボロ株をチェックすると、MSCBのファンクラブのような様相を示します。
 
 

Re:すずめ百まで踊りを忘れず

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 2月10日(土)10時43分35秒
返信・引用
  >宝田 豊 さん
 ボロ株好きは病気とのご指摘は自分も同意するところでありまして、何か類似するものを挙げろと言われればパチンコ依存症を挙げることになると思います。

 パチンコも、他のあらゆるギャンブルと同様に胴元が必ず勝つようになっていますが、一部の参加者は勝てるという幻想(そしてある程度の真実)を抱かせることで中毒者を確保しております。宝田さんがボロ株好きに感じるという「独特な匂い」というのは、この「自分だけは勝てる」という幻想ではないかと個人的には考えております。むろん、実際はそんなことはないのですがねぇ。

 痛い目にあっても直らない人がいるという点、自分も同感であります。直る人がいるのも間違いないところでありますが。
 こういう人たち↓の一部は、そのうちまた懲りずに株式市場に参入してくると思いますが、その人たちのお金を狙う人々の中に、私がひっそりと混ざっていてもいいですよねぇ。
http://markets.nikkei.co.jp/special/sp011.cfm?id=y1a1f000_15&date=20070115
 

すずめ百まで踊りを忘れず

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 2月 9日(金)20時36分36秒
返信・引用
  >「信頼に値しないものを信頼してはならない」ことに関しては、啓蒙の類は不可能であり、自らの痛みでしかわからないと言うのが自分の主張であります。

ボロ株の好きな投資家や営業員はビョーキです。
かつて対面セールスの時代に、ボロ株の好きな外務員は「貧乏は法定伝染病」と陰で嘲笑され、側に寄ることも忌み嫌われたほどです。
昼飯を食いに行くときも「馬鹿が移る」といって一緒に行きませんでした。
差別的な表現で恐縮ですが、ボロ株狂いの皆さんは、発想の原点に独特な臭いがあります。
そして、どれほど痛い目に遭っても絶対にビョーキは治りません。
 

Re:貴殿(前投稿)に同意

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 2月 6日(火)00時09分45秒
返信・引用
  >諸星ラム さん
 むう、つっこみを未然に防がれてしまいました(笑)。
 私の昨年のパフォーマンスは、昨年末にも書きましたとおり「日経平均をかろうじて上回る程度」でありました。
 仮に理論があったとしてもそれが実際に役立たなければ(少なくとも自分にとっては)意味がないと言うのが、少なくとも株式市場についての持論ですので、この辺、今後しっかりしていきたいところであります。

 「こういう人たちの一部」に関するご指摘については自分も同感であります。ただ、一度やられても二度やられなければ十分やっていける世界のはずですが、それができない人が多いのはどうしたことなのでしょうかねぇ。まあ、私も人のことは言えませんが。

 一方で、小悪党たる私の言い方で別の一部の人を形容させていただきますと「善人でないと耐えられない」人々がそれなりの割合でいるように思えます。自分とその取り巻きが善で、自らの意に反する人が悪なのですから、自分たちが勝って当然と考える人々であります。
 こういう人々は、えてして隙が大きくなりますので、大変狙いやすいのであります。
 

追伸

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 2月 5日(月)20時27分44秒
返信・引用
  突っ込まれるのを未然に防いでおくっちゃ。

“投資(投機)家として偏差値70”とは、投資パフォーマンス(貴殿のそれをうちは知らないっちゃ)のことではなく、投資(投機)に関する理論面のことだっちゃ。

>こういうのに引っかかってしまう人々も、おそらく一般社会(株式市場ではない本業の領域)では、その辺はうまく制御できると思うのです。株式市場に身を置くとその制御ができなくなると言うのは、株式市場の魔力か、人間の欲望や弱さが原因なのかもしれません。

この点についてのうちの考えはこうだっちゃ。
こういう人たちの一部は、蕪以外の人生においても、自ら考えるということをせずに、常に“取り巻き”や“専門家と称する人々”のいうことを鵜呑みにするっちゃ。そいつらが優秀かつ善意の人ならば結果オーライだっちゃ。けど、・・・。
 

貴殿(前投稿)に同意

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 2月 5日(月)20時18分19秒
返信・引用
  貴殿のカキコを笑い転げながら読んだっちゃ。

>今週、「芸術家のお家」が3日連続でS安になりました。原因は業>績下方修正と見て間違いないでしょうが、この銘柄は下方修正の常>連でありますから、下方修正するものと見るのが当然であると自分>は考えておりましたし、参加者の大半もそう考えているものと思っ>ていました。が、3日連続でS安とは尋常ではありませんから、従>来の業績を信じていた人もそれなりにいたのでありましょう。

>この辺が私としては理解しがたい事でありまして、会社側が常に下>方修正を続けているのに、今回は大丈夫だろう(?)と会社を信用>し続けているのかが不思議でしょうがないのであります。上場企業>への考え方にこういう言い方をせざるを得ないこと事自体が遺憾な>のですが、「信頼に値しないものを信頼してはならない」ことに関>しては、啓蒙の類は不可能であり、自らの痛みでしかわからないと>言うのが自分の主張であります。

こういった連中は、“信者”さまだっちゃ。
うちも、本音では“啓蒙”は無理だと思うっちゃ。

貴殿は謙遜されるが、このサイトを見れば投資(投機)家として偏差値70は明白だっちゃ。
うちが、貴殿のサイトのMSCBなどの内容を理解できるのはほんの一部だっちゃ。

けど、“のかぜ”を含めて誰が“優秀”かつ“うそをつかない(と思われる)”かは、うちは見分けがつくつもりだっちゃ。

うちにとっては、“本業の蕪の世界”でも“生業の算数の世界でも”自分より腕のある(とうちが思い込んでいる)人のHPはとても有意義なものだっちゃ。
 

Re:あえてきれい事を

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 2月 3日(土)23時42分49秒
返信・引用
  >諸星ラム さん
 私は自分が特に優秀とは思っていません。
 悪党であることを自覚しているのと、本業が毒ガス屋であることから警戒心が強いのではないかと考えてはおりますが。
 当HPのMSCB関連記事については、「一つの考え方としてとらえ、自分でも考えるきっかけになってくれれば」と言う感じで考察を行っておりますが、「啓蒙」とかそのような大それた事は考えておりません&そんなえらそうなこと言えるほどのものでもないと思います。

 ここだけの話、諸星ラムさんがおっしゃるような「バカで不勉強で欲深な個人」と言う人々の場合ですと、からくりとか闇の一族とかはめ込みとかMSCBの特徴とかそう言う問題ではなく、もっと手前の時点で問題を抱えていると思います。

 今週、「芸術家のお家」が3日連続でS安になりました。原因は業績下方修正と見て間違いないでしょうが、この銘柄は下方修正の常連でありますから、下方修正するものと見るのが当然であると自分は考えておりましたし、参加者の大半もそう考えているものと思っていました。が、3日連続でS安とは尋常ではありませんから、従来の業績を信じていた人もそれなりにいたのでありましょう。
 この辺が私としては理解しがたい事でありまして、会社側が常に下方修正を続けているのに、今回は大丈夫だろう(?)と会社を信用し続けているのかが不思議でしょうがないのであります。上場企業への考え方にこういう言い方をせざるを得ないこと事自体が遺憾なのですが、「信頼に値しないものを信頼してはならない」ことに関しては、啓蒙の類は不可能であり、自らの痛みでしかわからないと言うのが自分の主張であります。

 こういうのに引っかかってしまう人々も、おそらく一般社会(株式市場ではない本業の領域)では、その辺はうまく制御できると思うのです。株式市場に身を置くとその制御ができなくなると言うのは、株式市場の魔力か、人間の欲望や弱さが原因なのかもしれません。
 ・・・自分も何度やらかしてしまったことか。

 ・・・と言うことで、「ある程度の情報提供(啓蒙?)は当HPでもできるかもしれないが、結局は自分で気づくしかない」と言うのが私の主張であります。


 以上、書き込みいただきました内容からは微妙にかみ合わない返答になったかもしれませんが、その辺はご容赦ください、あるいは、お手数ですが再度の書き込みをお願いいたします。
 

あえてきれい事を

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 2月 3日(土)17時49分45秒
返信・引用
  貴殿の考え方はすこぶるまずいっちゃ。
(注)うちが社会のごみ同然の暮らしをしていることは棚に上げての発言、ごめんだっちゃ。

・某研究所の某氏関連銘柄
・最近では「サハ・ゴム」
・「芸術家のお家」⇒J紅茶さんのサイトでは2005.5.30に警鐘済み

これらの銘柄で大切なお金をどっかに上納した大バカものどもは、自業自得だっちゃ。同情の余地はないっちゃ。

でも、

貴殿のように自ら研究し、からくりを見破る能力のある個人投資家・投機家は偏差値でいうなら70以上で、極めて少ない存在だっちゃ。
証券市場に参加する大半の個人投資家には無理だっちゃ。

ここ5年間あまりにIPO・MSCBがらみで「バカで不勉強で欲深な」個人から吸い上げられた不浄のお金は数千億円だっちゃ?
そのお金が、まっとうな企業に直接金融として機能していれば・・・。

証券市場を消毒薬くさいプールのようにしろとはいわないっちゃ。
けど、いまの日本の証券市場は昭和時代のそれよりもはるかに悪質だっちゃ。

貴殿のような優秀な方には、バカで不勉強で欲深な連中を啓蒙してもらいたいものだっちゃ。(そのような義務はないけど)

こいつらはどうせ「きゃのん」のような銘柄の売買をしても、たいがい損するっちゃ。
そのお金を貴殿やうちがいただけばいいっちゃ。

もっとも、「のかぜ」でも、いくら教えてあげても理解しようとせずに、ゴムボートで原潜に突っ込んでいく輩が後を絶たないっちゃ。

貴殿は、すでに匙を投げてるっちゃ?
 

Re:バナーズです。

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月31日(水)22時23分3秒
返信・引用
  >ヒロピロ さん
 書き込み、ありがとうございます。

 春日電機についてはこれと言って特徴のないMSCBの発行でありますが、上場企業の子会社が業務執行組合員である投資組合?が引受を行うという点が興味深いところであります。
 これ、昨年アドテックス(旧6739)が倒産直前に発行したMSCBに構図が似ているような気がするのであります。

 一方で、バナーズの方は転換価額修正条項のない、(ただの)CB・新株予約権の発行であるところを妙に思っております。
 この転換価額だと引き受け手は確実に利益を出せるわけではないので、何らかの手を打ってくるような気がするところであります。ひょっとしたら、もう何かやっているのかもしれませんがねぇ。
 

バナーズです。

 投稿者:ヒロピロ  投稿日:2007年 1月31日(水)20時36分29秒
返信・引用
  バナーズ EDINETコード:209035 新規発行新株予約権付社債
https://info.edinet.go.jp/browse/disclosure/viewAction.do

https://info.edinet.go.jp/browse/disclosure/viewAction.do
割当予定先の氏名又は名称
Forward Value Capital 割当新株予約権数300個
払込金額金15,873,000円
既存の株主の価値が薄まりますねぇ。
春日電機株式会社  359070
新規発行新株予約権付社債
https://info.edinet.go.jp/browse/disclosure/viewAction.do
バナーズ関連企業はすごく激しいですね。
以前お世話になりましたので、ご報告させていただきますです。
 

Re:何でもありの国

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月31日(水)00時37分54秒
返信・引用
  >宝田 豊 さん
 私はエロゲーマー兼毒ガス屋(見習い)兼小悪党兼投機家兼投資家ですので、その立場から主張させていただきますと、親子上場並びに上場前における関係者へのストックオプション付与は(少なくとも私にとっては)大した問題ではないですよ。どちらも事前に目論見書などで開示されており、分析し、必要なら回避運動を行う(=買わない)ことができますので。

 私が昨年の最凶IPOと見なした銘柄であるGABA(2133)などはJALUXなどよりもはるかに悪質で、実際のところは(優先株の分を除けば)債務超過なのを、返済義務付(普通株への転換条項なし)優先株で債務超過ではないように体裁を整えてマザーズに上場してしまいました。
 もちろん、目論見書を読んだ人はすぐさま気づいたわけで、大方の予想通り初値が公募割れし、公募でつかんだ人間が損するのを爆笑していたのであります。

 事実が明らかになっているものについては、それを自分なりに分析して、回避するなり受け入れるなりすればよいわけで、IXIがやらかしたような粉飾はそれができないからこそ厄介なのであります。
 

何でもありの国

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 1月30日(火)19時40分58秒
返信・引用
   双日はMSCBを発行して調達した資金で日航の子会社のJALUXを買収する。
 これほど酷い話がまかり通るのが日本的資本主義。
 日本人が東南アジアのクローニー・キャピタリズムを笑う資格はない。
 JALUX(旧日航商事)は日航本社の窓際族や反乱分子に「擬制ストックオプション」を与え、姥捨て山に追いやった意味の子会社だ。
 新規公開の子会社株を安く分けてやるんだから、ぶつぶつ文句を言うなと。
 上場時の有価証券報告書を見ると、公開前の縁故取得者の膨大さに目を見張らされる。
 そして4年が経ち、皆さん、しっかり老後の資金を確保できた。
 上場の意味がなくなったから、さっさと双日に売ってしまった。
 そもそも日航とJALUXは利益相反の典たる上場なのである。
 JALUXの納品先は日航だ。
 日航は大赤字に苦しみながら、株主が欲しいとも思わない超豪華版カレンダーを、何種類もJALUXに作らせて買い上げる。
 一事が万事で、機内食も航空機部品も……。
 「過半数保有の筆頭株主がクライアント」という酷い利益相反の子会社を上場させる東証。
 上場賦課金に涎をたらしたネクタイ乞食としか、言いようがない。

 JALUXは双日の子会社になった途端、日航への納品価格が引き下げられるだろう。
 挙句の果てに「待ってました、とばかりの減収減益」
 行き着く先は大暴落させてから1年先の双日によるMBOと上場廃止、と予想する。

 こんな、ふざけた話はないのだが。

http://outlaws.air-nifty.com/takarada/

 

Re:双日-第4回MSCB、1ヶ月上限の無視

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月29日(月)20時49分4秒
返信・引用
  >胡桃 さん
 をを、本日発表でありますか。いや、双日株価が堅調なのは昨年9月にそっくりでしたので、あってもおかしくないかな~と漠然と思ってはいたのですが、31日の決算発表に会わせて出してくると見ておりました。
 ここから先の行使については、「月間上限500億円」と言うことでありますから、あと2日で行使した場合再度約束を破る(月間上限500億円すら守らない)と言うことになりますので、結果として、月間行使額の決定権が双日ではなく野村側にあることをさらけ出すものになると思います。
 当HP的には興味深い展開でありますが、そこまでいくかどうか。
 

双日-第4回MSCB、1ヶ月上限の無視

 投稿者:胡桃  投稿日:2007年 1月29日(月)18時08分5秒
返信・引用
  またまた本日、双日、株主への約束を無視した適時開示がでましたですね。第4回MSCBの2度目の多量行使。
1ヶ月の上限300億円の契約を無視して、なんと500億円。いまの上昇株価では実行したくなるでしょうね。まだ、2日残っていますので、この500億円もと思ったります。
 

Re:胴元の見識

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月26日(金)13時30分24秒
返信・引用
  >宝田 豊 さん
 単元株式数が異なるのは、わが国の株式市場の歴史を考えるとやむを得ないのではないかな~と考えております。戦前から続く企業あり、終戦直後のインフレの最中産声を上げた企業あり、ついこの前設立されスピード上場した企業あり、という混合状態ですので、ある程度ごちゃごちゃしてしまうのはやむを得ないと思います。
 この点、米国は、経済面では南北戦争以降(もしくは大恐慌以降)は経済、ひいては株式市場に連続性があると思いますので、すっきりした形を保っているのだと思います。
 こう、日本の家庭用電源の電圧が100Vで、もっと高い電圧にしたほうがよいのがわかっているのに、電圧変更に多大な費用がかかるという理由でそのまま使っているのと一緒だと思います。

 米国の株式市場では、株価低迷により上場廃止となった企業の受け皿として、OTCBBおよびピンクシートが存在し、日々投機家の皆さんがハッスルしていると聞いております。
 日本でも、そのような不適格?銘柄向け市場が作られるという噂はありますすが、ちゃんと機能するかちょいと疑問視しております。
 一番の問題は、ごみとそれ以外との区別が(投資家各人で推定する以外は)いまいちできていない点でありまして、これは東証ではなく、監査法人が責められるべき問題であります。監査がしっかりしてなければ、そもそも不適格銘柄向け市場に落とされないわけですから、それ向けの市場を作っても無意味であります。
 自分としては、正しい情報が開示されていれば、それを元に1円の株だろうが100万円の株だろうが好きに売買してもらえばいいという考え方であります。
 すったお金がどこに流れていくかは一つの問題となりえますが、基本的にはパチンコでするのもぼろ株でするのも各人の自由でありましょう。
 

 胴元の見識

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 1月26日(金)09時48分9秒
返信・引用
   NY証券取引所は値幅制限がありません。
 そして全銘柄の売買単位は100株。
 わが国のように値嵩株とボロ株で変動率の差異を付けさせないのです。

 極め付けが、株価1ドル以下を1カ月以上続けたら上場廃止という規則。
 Beggars Banquet ( 乞食の宴会 ) を始めさせないための気配りです。
 

胴元が悪い

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 1月26日(金)09時31分27秒
返信・引用
   コンビニが期限切れで捨てる菓子パンを、裏のゴミ箱で待っていたホームレスたち。
 今は食中毒を起こしたら大変なので「現物」に、触れることさえできなくしました。
 取引所のあるべき姿は、この識見なのです。
 しかしながら個人がボロ株に執着しやすい環境作りは東証役職員の申し送り事項。
 わが国固有の風土病のようなものでしょう。

 ちょっと古い資料ですが今でも通用すると思います。
 「東証はカジノより劣る鉄火場?」
 http://www.tokyo-outlaws.org/takarada/kazino.html
 「ギャンブルと手数料」
 http://www.tokyo-outlaws.org/takarada/gamble3.html
 

Re:ストック・プアー

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月26日(金)04時54分20秒
返信・引用
  >諸星ラム さん
 掲示板の件、大半の買いあおりはどこかの聞きかじりのようなものでありますが、一部、やたらと数字が細かい目標株価を挙げるなど、不自然な書き込みも結構あるように見受けられます。
 筋の人が作戦の一環としてやることは大いにありえますし、企業側で株価や企業イメージの維持を図るべく外注することもあるやも知れません。

 ストック・プアーの件、初心者の人は値動きのよい銘柄に惹かれやすいのも問題のようです。超低位株なんかですと、1円抜きでかなり稼げますので、そちらに惹かれてしまう人も多いようであります。
 また、30万円で個別銘柄を買うならともかく、それで複数銘柄のポートフォリオを作るとなると、かなりきついはずで、そこで超低位株に視線が向いてしまっているという可能性も考えております。
 

ストック・プアー

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 1月25日(木)21時04分33秒
返信・引用
  なるほど
・30万円の資金(レバレッジなし)
・低PER・低PBR(これはうちの特異な趣味だっちゃ)
・成長性そこそこ
この条件では、投資対象がかなり限られてくるっちゃ。

“のかぜ”の掲示板
脳みそが中学生レベルのフリーターの純粋な?カキコだけではなく、
関係者の悪意あるカキコもあるとお考えですか。(疑問じゃなく詠嘆)
 

Re:(無題)

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月25日(木)20時04分7秒
返信・引用
  >諸星ラム さん
 「のかぜ」においては、遺憾ながら該当銘柄の社員およびその息のかかった人間による書き込みがあると考えるのが自然なようにも思えます。少なくとも、書き込みをチェックしているのは確実かと。
 あるいは、筋がいる場合は筋の人の書き込みとか。

 もう一つ気になるのは、初心者が、初期資金が少ないゆえに仕手株しか買えないという構図があるという点です。
 資金が少ない故に糞株に手を出さざるを得ないため、損をしてしまい、まともな株にはいつまでたっても手を出せない構造を、働いても貧困から抜け出せない人々「ワーキング・プアー」にならって「ストック・プアー」と称している人がいました。秀逸であります。

 あと、昨年か一昨年の話については記憶がありませんので、コメントしようがないのでご容赦願います。
 

(無題)

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 1月25日(木)14時25分59秒
返信・引用
  “ごむまり”の場合、“のかぜ”の掲示板への投稿者に限っていえば、正確に理解している人は5%未満、なんとなくうさんくさく感じている人が20%っていう感じだったっちゃ。

“のかぜ”の掲示板でのあの種のイベントの際は、狂信的な信者(買い方)ばっか集う傾向にあるっちゃ。うちが知っている唯一の例外は“sagix”。ここだけは、熱狂的な売り方が多数存在。いまだに、急騰を妄想している買い方もいるけど。

昨年だったか一昨年だったか、こちらでのみなさんの雑談で某研究所の帽子について語っておられたのが強く印象に残っているっちゃ。うちの記憶違いでなければ、湘南藤沢という地名もでてきて?????だったっちゃ。これ、うちの記憶違い?

うちは、昭和時代の証券市場の知識はあっても、新興市場(東証1・2部であってもそれっぽい)の知識はゼロだったのでちんぷんかんぷんだったっちゃ。今になってその先見性が・・・。
 

Re:おひさ

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月24日(水)23時05分57秒
返信・引用
  >諸星ラム さん
 挙げられたとおりの計算であっていると思います。

 興味深いのは、今現在の株主の皆さんのうち、どの程度がこのことを知っているかであります。個人的には、参加者全員知っていると思いたいところですがねぇ・・・。
 

追伸

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 1月24日(水)02時07分41秒
返信・引用
  どっかのごむまり作ってる会社が昨年やった手口とそっくりだっちゃ。  

おひさ

 投稿者:諸星ラム  投稿日:2007年 1月24日(水)02時05分56秒
返信・引用
  ちょっち古い話題ですが、確認させてください。

17円×10億株=1,700  円×1000万株
           170  円×1000万株
           171.2円×3300万株

           459  円×5300万株

4月以降、理論時価?459円だっちゃ。この時点での買コストは、

・ふりっつさま・・・・・・171.2円/株
・ご奇特な投機家・・・・・935  円/株・・・*

・IRの17円で計算
・すべて理論値というか机上の計算

*(1,700+170)÷2=935円/株
17円で100株購入後、170円で1株割当購入と計算(売買単位無視)

これであってるっちゃ?
 

Re:奇跡のタイミング

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月23日(火)20時38分38秒
返信・引用
  >宝田 豊 さん
 日経の記事、私も読みました。
 規制とは言うものの、審査を行うのが(MSCBを引き受ける)引受証券会社なのですから、審査はフリーパスだと思います。と言うことで、今回のルールは全く無意味と見ております。

 「Death Spiral Convertible Bond」というのは見事な命名だと思います。特に、「Spiral」の部分はMSCB最悪の部分を端的に表した表現として高く評価できると考えております。個人的には、これを日本語に訳すのはもったいなくて、英語表現のまま使った方が良いのではないかな~とか考えていまして、日本語訳は考えたこともありませんでした。
 宝田さんの訳は、「死に神取り憑き型転換社債」でありますか。死に神が取り憑いているのは、会社なのか、それとも経営者なのか、それともそれ以外の何かなのか、想像の幅が広がる面白い表現だと思います。
 

奇跡のタイミング

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 1月23日(火)14時41分22秒
返信・引用
   論談:目安箱に投稿した翌日、日経新聞で日本証券業協会の自粛コメントが発表されました。

 「新型転換社債使う資金調達、株主保護へ新規制・日証協」
 日本証券業協会は株式数が急増しかねない企業の新型資金調達にルールを設ける。既存株主が不利にならないか、資金計画に合理性があるかなど12項目の審査を引受証券会社に義務付ける。違反した場合は過怠金などの処分を科す。4月にも適用する。無理な資金調達に歯止めをかけ、投資家保護を徹底する。
 日証協は既に新規公開時と公募増資の際の審査強化を決めており、今回の規制を含めた3点を市場制度改革の柱とする。  (1/23 日本経済新聞)

 英語は趣味で本を読むだけですが、意訳を心がけております。
 Death Spiral Convertible Bond は、勝手に「死に神取り憑き型転換社債」 と訳しました。
 アメリカで20世末に、こうしたいんちきファイナンスを繰り返した連中は Robber Barons と呼ばれたそうです。
 泥棒男爵という意味で、第1次ブームは19世紀の鉄道・鉄鋼・石油掘削成金たち。
 ロックフェラー、ヴァンダービルト、カーネギーどもをいいます。

以下は翻訳済みのサイト
http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://en.wikipedia.org/wiki/Robber_baron_(industrialist)&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3Drobber%2Bbarons%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DG
 

Re:御礼とお詫び

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月22日(月)23時23分28秒
返信・引用
  >宝田 豊 さん
 過分なご評価、こちらこそ恐縮であります・・・いや、私も毒ガスと日々戯れるのが職業のカタギの人なのですが(笑)。
 当HPは基本的にはリンクフリーと言うことにしておりますので、リンクは何ら問題のないところであります。ご連絡ありがとうございました。

 そうそう、投稿先で触れていらっしゃいます双日のMSCBですが、双日自らの意志と言うよりは、どちらかと言えば、優先株を保有する銀行の皆さんが発行を望んだのではないかな~と発行当時は推測したものであります。
 既にご覧になられたかもしれませんが、↓の記事で考察を行ったりしておりますので、お暇なときにでもご一読いただければ頂ければ幸いであります。
http://hiro-hmx.seesaa.net/article/18181919.html
 

御礼とお詫び

 投稿者:宝田 豊  投稿日:2007年 1月22日(月)18時42分24秒
返信・引用
   事後報告で恐縮ですが、論談:目安箱にURLを掲載させて頂きました。
 こみけさんのHPは、あまりの盛り沢山で、カタギの読者はビックリ仰天でしょう。

 http://www.rondan.co.jp/html/mail/0701/070122-43.html

http://outlaws.air-nifty.com/takarada/

 

Re:IXI民事再生

 投稿者:こみけメール  投稿日:2007年 1月21日(日)22時51分19秒
返信・引用
  >yuragi さん
 自分は2月までは引っ張ると思っていたのですが、予想よりも早い事態と相成りました。
 IRIはもちろんですが、粉飾に荷担した・・・と言うか共犯者の企業は皆まとめて逝ってもらいたいものであります。

 興味深いのは、現在活気づいている新興市場がこの悪材料に耐えられるかですねぇ。耐えられれば、相当強い地合と言えそうですが。
 

IXI民事再生

 投稿者:yuragi  投稿日:2007年 1月21日(日)22時09分20秒
返信・引用
  IRI関連はチョロチョロと市場を騒がせてくれますね。
ホルダーの方には申し訳ないが、早く退場して欲しい。
 

レンタル掲示板
/30