teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ■ブランド偽物ブランド激安市場bag53(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:65/145 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

SAヘッドについて

 投稿者:igay  投稿日:2014年12月19日(金)23時50分27秒
  通報 返信・引用
  初めまして。アドレスをはじめとしたNRの貴重な資料、大変興味深く拝見させていただいております。

じつはKD-A55のレポートのなかに一つ誤りがありましたので伝えさせていただきます。
SAヘッドは1978にメタルとともに登場との記載がございますが、正しくは、1975の登場で、初搭載されたカセットデッキは、生録用ポータブルデッキ、KD-3という機種でした。日本ビクターは比較的にセンダスト合金ヘッドを出した時期が早く、メタル対応も小改良で可能だったようです。この機種の頃、まだNRはディスクリート構成のANRS回路のみで、SuperANRSが搭載されるのは同じく生録用の後継機KD-4となります。

KD-A55に採用されたタイプのSuperANRS(AN7362)ICは従来のIC(TAT000361)より小型化され、コントロールアンプ回路、MIC・LINE切り替え回路も内蔵させたもののようです。A55は仰います通り、A5にSuperANRSとMUSIC SCANヘッドを内蔵させた改良機ですが、そのほかにも、メカコントロール基板のさらなるIC化、5点マルチピークLEDの最高値アップなど、小改良が加えられています。弟機に、マルチピークとMUSIC SCAN機構、カセット照明を除いたA33がございました。

ANRS単体のNRユニットは平型デッキ時代にもNR-20というものが発売されていたようですが、なかなか出玉が少なく、今年オークションで一台見ただけです。パネルをみるとCAL用針メーターが一つなので、コンパンダーのようにL、R切り替えて用いるのではないかと思います。

失礼いたしました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:65/145 《前のページ | 次のページ》
/145